前世療法について

 前世療法は、アメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士が1988年に出版して世界的ベストセラーになったMany Lives,Many Masters(邦題は「前世療法1」「前世療法2」PHP研究所刊)という著書によって、注目されるようになりました。
 この療法は、催眠状態で前世に誘導することによって、今の人生とは異なる前世の人生を追体験していきます。
  前世イメージは、記憶の蔵から映像としてスクリーンを見ているように現われる場合と、自分がその時の人物になりきった状態で周囲の様子が見える場合、音声として聞こえる場合、感覚で感じたり、またはそれらの複合型で現われたり、人によって現われ方は様々です。初めての方でも、映像として鮮明に現われる場合がありますが、「断片的な映像で現われた」「感覚を感じた」という方もおります。その人生で、自分が何者かを確かめて(感じ取り)、人生の大きなできごとを体験していきます。
  前世で密接な関係にあった人が、今の人生でも近親者であったことを知る人がたくさんおります。人間関係など、今の人生の「困難な問題が持つ意味」を知る手がかりとなる場合が少なくありません。それがわかっただけでも、受取り方が違ってきます。
  更に臨終を体験し、「行くべきところ」へ行った魂となって、終わったばかりの人生がどのような課題を残して今の人生に影響を与えているかを探っていきます。そこでは、悠久の魂の歴史を見守ってきてくれたマスター(内的助言者)との対話を通して、無意識という宝庫から貴重な助言を得た方が何人もおります。
  このように、いくつかの方向から今の人生の意義や目的を探ります。

 前世が本当にあるかどうかはわかりませんが、「前世を信じない」と言う人でも、この方法で誘導していくと、国や文化、宗教の違いを超えて、今の人生とは異なる人生を思い出し、語り始めるのです。そこから多くの人が、深い気づきを得ております。そして、これまでの様々なやり方ではどうにもならなかった症状が回復したり、大きく改善したというケースが報告されております。
 前世療法で体験したことが本当に自分の前世だったかどうか、疑念をもつ人は少なくありません。前世体験している間も、意識ははっきりしていて、論理的思考を特意とする顕在意識が「これ、本当?」「これ、何?」といちいち反応するのです。追体験したことが、本当に自分の前世だったのかを精査することは困難です。しかし、いずれにしても『潜在意識が自分に与えたメッセージ』であることに間違いはありません。『潜在意識が与えようとしたことの意味』を受取ることによって、新たな気づきが得られ、自己理解を深めることができたならば、それ以後の生き方のヒントをつかむことができるでしょう。前世イメージの真偽よりも、それが大事なことだと思います。
 前世を体験したいと思って誘導されても、今行くべき所が前世よりも今世の過去の場面である場合、賢い潜在意識は、今世のその場面へ戻ってきます。そのような場合は、潜在意識に従って、年齢退行療法を行います。催眠状態で、潜在意識が問題の根っことなる時期を深い記憶の蔵から探り当てる、その確実さは人智を超えた不思議なものです。潜在意識は有能で、決して間違った所へは連れて行きません。ですから、セラピストが誘導しているのではなく、本当は、ご自身の潜在意識が誘導しているのです。セラピストは、クライアントさんの潜在意識の有能性を信頼して、手助けさせて頂いているだけで、癒しはクライアントさんの潜在意識の能力から生まれてくるのです。
 
  前世療法についてわかりやすく書かれた本は、前述の「前世療法」だけでなく、飯田史彦著「生きがいの創造」「生きがいの本質」(ともにPHP研究所刊)が広く知られております。当ウェブサイトのリンク集をご覧下さい。

未来世療法について

 前世療法で得られた気づきを元にして、これからの人生をそのように生きていくなら、未来はどうなっているかを体験することができます。例えば、5年後の自分・・・・・・、
10年後の自分・・・・・・、次の世はどんな人生かを垣間見ることができる人もおります。未来世療法で得られた未来のイメージは、その後の行き方次第で変わっていきます。未来は変えられるのです。
 未来の自分を体験することによって、「さらに問題解決を確かめることができた」と言う人がおります。あるいは、「癒しをより深く実感できた」と言われることもあります。
 この療法は、医学の世界では公認されておりませんが、この療法に関心を寄せる医師が増えてきております。