【つまらない夢】を見ました。しかしその夢に助けられました。

 

私に苦情を言いたいという<クライアントさんの奥様>に電話で呼び出され、

面識のないその方のお宅を訪ねました。

私へのクレームではなく、電話に出た娘のことでした。

謝罪して奥様の気持ちは収まりましたので、事なきを得ました。

(夢はまだ続いたのですが割愛します)

 

実際には、クライアントさんに呼び出されてお宅を訪問することはありません。

もちろん、私が自ら訪問することも 決してありません。

また、「セラピー夢」に電話したら娘が出ることもありません。

なにしろ【つまらない夢】の話ですから ご勘弁ください。

 

しかしこの夢が、その日のうちに役に立ってくれました

 

その日の郵便物に、督促状が入っておりました。

 

それは先日、先方が 間違って請求してきたもので、

督促される筋合いはありません。

間違って請求された時点で、既にこちらから電話して話しただけでなく、

督促されたことで、また私が電話しなければならないのか…? 面倒だな。

事務の担当者に「チクリ」と言いたい言葉が浮かび、

それが次第に「ガツン!」と言いたい言葉に膨らみました。

そして、それを言った後の相手の気持ちを思いました

夢を見た後ですから。

言ってしまえば お互いに嫌な気持ちが残ります。

余計なことまで言わずに簡潔に済ますことにしました。

電話して、手短に用件だけを伝えて済ませました。

事務の女性「間違った情報を削除しましたので…」とのこと。

最初に間違って請求したと分かった時点で削除してほしかった…

とは言わず、抑えました(笑)。

抑えることができたのは、【つまらない夢】のお陰です。

 

前にもありました。

夢で、私は激しく怒鳴っておりました。

実際にはあり得ないことですが、

私はこんなにも怒りを我慢してきたのだと思いました。

本当は言いたかったんだ、でも、

怒ってもらちが明かない相手には、こちらが引くしかありません。

実際にはできないことを、

夢の中で代わりにさせてもらっているんだな、と思いました。

こういうやりかたで 夢がお掃除してくれました

 

夢を演出して見せてくれる「夢ガイド」さん、ありがとう。

 

不思議な夢を見た時は、「夢ガイド」さんに会って作者の意図を聞きたいです。

セラピーで それができます(夢ワーク)。

統計上の「夢占い」と違って、

その人だけに与えられた「特別な夢」には、

本人だからこそ感じ取れる「特別な何か」があります。

繰り返し見る気になる夢、

もう一度見たい、すごい夢…

夢ワーク」してみませんか。お手伝いしますよ。