「傲慢」には二通りあります。

他者を見下したい驕り(おごり)」と「有難味を知らない心の貧困」

 

他者だけでなく、自分を粗末にすることも驕りです。

「自分」を貶(おとし)めるのは、大事なものを見落として 有難味を知らないから。

有難がれと言っているのではありません知らないでいることの貧しさに気づいてほしい

 

心の貧困は、普段の暮らしの中で「内面を耕す習慣」の欠如によります。

発達障害の方でも、(障害されている領域によりますが)

普段から心を耕し、自己対話をして自分に向き合っている人は、

弱さや悲しみを抱えていながらも、

話し方や人柄に徳性が表れ、一緒にいるだけで豊かな気持ちになります。

 

自分の心を耕すことは、自分にしかできません

人は、耕し方を教えてはくれるけれど、実際に耕すのは、自分です。

 

耕し方にもよりますね。

土を耕して、「糞(ふん)」や「塵(ごみ)」を大事につかんで放さない人、  

捨てられない? 

家の中も(部屋も)心と同じく「捨てられない物」で溢れているのでは・・・

耕すとは、ゴミを探す作業ではありません。

要らないものは捨て去り

自分を成長させる「原石」を見つけ出し、洗い清め、磨くためです

よーく観て、心をこめて耕せば、

大事な物と要らない物の区別はつくでしょう。

 

「心を耕すなんてできない。誰かやってよ」と言いますか? 

 

「できない」と一生言い続けますか? そのまま終わっていいですか?

「できない理由」=「やらない言い訳」

「やらない言い訳」がなくなれば次の「言い訳」を探すのか。

 

「謙遜」することが傲慢の表れになることがあります。

  その謙遜は 「誰の体裁」のため? 陰に、聞けば傷つく人いない?

謙虚さに欠けると傲慢になり易いですね。

 

謙虚」とは、ありのままの自己をわきまえていること。

それは、卑下することでもなく、自虐することでもありません

傲慢だということは、自分をわきまえていないとも言えます。

 

セラピー夢は、

落ち込んでも、自分で立ち上がれるようになるためにお手伝いします。

あなたがあなたとして自信を回復し、心豊かに生きられますように

 

ところで、あなたにとって大事な人が誰かわかりますか? 

本当にわかっていますか?

その人を大事にしていますか? 

その人を大事にするって、どうすること? どんな気持ちで接すること

あなたは今日、誰を愛しましたか?