「神もマスターも信じない、…高橋さんと話す」と言うその女性は、

これでもかとばかりに重なる過酷な試練に疲れ果てておりました。

「幼い頃から毎日祈ったけれど、神様は助けてくれなかった。もう信じない!」

 

あまりにも理不尽な目に遭うことが続くと、

人は自己価値を見失い、自分を不当に低いものと錯覚します。

一人ひとりを大切にしたい私には、それが堪(たま)らないのです。

 

誠心誠意尽くした挙句に、これ以上 社会に裏切られることがあってはならないと思い、

その方へ言葉を贈りました。

ブログを読んでくださる未知の方も 同じ苦しみを抱えているかもしれず、

本人の了解を得てお分けしております。

 

『このままでは、

誠心誠意努めた☆さんを「社会が裏切る」形になります

理不尽が通されたら、☆さんが社会へ不信を重ねることになります。

 

☆さんは、粗末に扱われてはいけないのです。

今、☆さんがやっていることは、

『誠心誠意 務めた自分を大切にしている』ことです。

それでOK!ですから、自分を尊重してください。 

今、自分が自分を大切にしなかったら、誰が大切にしてくれますか?

これで良いのです。

これを読んで、飛び降りようと思いつめていた自分を保てたそうです。

 

過酷な人生によって、既に内側が熟しているはずの自分を見失い、

自己価値を忘れておられました。

 

私との対話の中で、

☆「(こんな状況でこんな選択をした。

 上から示された案は、他の人たちを窮地に追うもので、それはできなかった。)」

 

私「あなたの選択は、いつも他を利する。全体を利する視点がある。

 多くの人は、そこまで考えないで無難な解決を急ぐでしょう。

 あなたにその視点で生きるように教えた人がいるのですか?」

 

☆「そんな人、いませんよ。・・・いたら奇跡です。」(口を突いて出たという)

 

私「いたら奇跡? いたら奇跡・・・あなたのことでしょう?

 あなたは『奇跡の人』なんですね。」

 

☆「私・・・? そうだ、私のことだ!

 なんで『奇跡』なんて言ったのだろう? 

 そんなことを言うつもりじゃなかったのに。

 自己価値が低いから、いつもこんな目に遭うんだと・・・

 生きる価値が無いと思った。

 神様は助けてくれないって恨んでいた。

 どうして私、こんな言葉を言ったのだろう・・・?」

 

私「神様が言わせたのね。

 あなたが何者かを知らせたくて、真実に目覚めさせたくて

 こんなにまで度重なる試練を与えた神様が、

 あなたは『奇跡の人』だと気づかせたくて、言わせたのよ。

 それほどの あなたなのよ。」

 

神様は信じないけれど高橋と話す・・・それならば、

私との会話にまで神は臨在して働かれるのですね。

 

それからこの方は、

試練が重なるのは、自分の内側の世界観が再現されているからだ」と言い、

ケアを求めました。

催眠を用いた独自の方法で、内側の世界観が拡大されました。

(いとも簡単にこれができたのは、ご本人の内側が熟しておられたからです。

 怪しいトリックなどではなく、奥に既に持っていたものが引き出されたのです。)

☆さんから私も言葉を頂きました。

「高橋さんのスピリチュアル・ケアは、綺麗事じゃない。現実的です。」

(註)☆さんはそれから「神との和解」をテーマに催眠療法を希望されました。

  ケアされた後は、神様に対して完全に閉ざしていた心の扉が少し開き、

  セッションの最後には 「20㎝くらい開いている」と言いました。

  その後の暮らしの中で、扉は次第にもっと開かれていったでしょう。

  

「神様なんか信じない!」と言っていた☆さんから

3ヶ月後お電話を頂きました。本人の了解を得てお分けします。

*******************************************

「私の中で、変わったものがあります。

 あれほど 腹の底から神を憎んでいたのに、 

 セラピーの後、うまくいかないことが起こっても、

 前みたいな 『ほら、また これだ!』と

 腸(はらわた)が煮えかえるような怒りが生じないのです。

 怒らないで 静かに反応できて 楽です。

 セラピーを受けるたびに、こうして変化があります。」