「神もマスター(内的助言者)も信じない、高橋さんと話す」と言うその女性は、

これでもかとばかりに重なる過酷な試練に疲れ果てておりました。

「幼い頃から毎日祈ったけれど、神様は助けてくれなかった。もう信じない。」

 

あまりに理不尽な目に遭うことが続くと、

自己価値を見失い、自分を不当に低いものと錯覚します。

一人ひとりを大切にしたい私には、それが堪らないのです。

 

誠心誠意尽くした挙句に、これ以上 社会に裏切られることがあってはならないと思い、

その方へ言葉を贈りました。

ブログを読んでくださる未知の方も同じ苦しみを抱えているかもしれず、

☆さんの了解を得てお分けしております。

 

『このままでは、

誠心誠意努めた☆さんを「社会が裏切る」形になります

理不尽が通されたら、☆さんが社会へ不信を重ねることになります。

 

☆さんは、粗末に扱われてはいけないのです

今、☆さんがやっていることは、

『誠心誠意 務めた自分を大切にしている』ことです。

それでOK!ですから、自分を尊重してください。

 

今、自分が自分を大切にしなかったら、誰が大切にしてくれますか?

これで良いのです

 

これを読んで、飛び降りようと思いつめていた自分を保てたそうです。

 

過酷な人生によって、既に内側が熟しているはずの自分を見失い、

「アイデンティティの奥にある自己価値」を忘れておられました。

(註:アイデンティティ・・・「自分と自己の同一性」)

 

私との対話の中で、

☆「(こんな状況でこんな選択をした。

 上から示された案は、他の人たちを窮地に追うもので、

 それはできなかった。)」

 

私「あなたの選択は、いつも他を利する。全体を利する視点がある。

 多くの人は、そこまで考えないで無難な解決を急ぐでしょう。

 あなたにその視点で生きるように教えた人がいるのですか?」

 

☆「そんな人、いませんよ。・・・いたら奇跡です。」(口を突いて出たという)

 

私「いたら奇跡? いたら奇跡・・・あなたのことでしょう?

 あなたは『奇跡の人』なんですね。」

 

☆「私・・・? そうだ、私のことだ!

 なんで『奇跡』なんて言ったのだろう? 

 そんなことを言うつもりじゃなかったのに。

 自己価値が低いから、いつもこんな目に遭うんだと・・・

 生きる価値が無いと思った。

 神様は助けてくれないって恨んでいた。

 どうして私、こんな言葉を言ったのだろう・・・?」

 

私「神様が言わせたのね。

 あなたが何者かを知らせたくて、真実に目覚めさせたくて

 こんなにまで度重なる試練を与えた神様が、

 あなたは『奇跡の人』だと気づかせたくて、言わせたのよ。

 それほどの あなたなのよ。」

 

神様は信じないけれど高橋と話す・・・それならば、

私との会話にまで神は臨在して働かれるのですね。

 

それからこの方は、

試練が重なるのは、自分の内側の世界観が再現されているからだ」と言い、

ケアを求めました。

催眠を用いた独自の方法で、内側の世界観が拡大されました。

(いとも簡単にこれができたのは、ご本人の内側が熟しておられたからです。

 怪しいトリックなどではなく、

 奥に既に持っていたものが引き出されたのです。)

 

☆さんから私も言葉を頂きました。

「高橋さんのスピリチュアル・ケアは、綺麗事じゃない。現実的です。」

 

 

青年期にかけてアイデンティティが形成されると思われておりますが、

この「アイデンティティ」が人生の課題になることは、たくさんあります。

 

卑近な例で、

自分を殺して姑に仕えてきた「嫁」が、老いてから

「私の人生は何だったのだろう? 

 他の人の人生を生きたような気がする。」

と苦しむことがあります。【アイデンティティの不一致】

 

現在でも 旧式な文化圏では、

長男長女は家(家業)を継ぐことが当たり前に求められ、

他の選択は「家を裏切ること」であるかのように責められる人がいるでしょう。

親戚一同に裏切り者扱いされた人には試練だったことでしょう。

(何でも思い通りに選択できた人には 想像できない立場です)

かといって、自分の意志を押し殺して親の期待に沿えば、

誰に責められることもなく一時は穏便に過ごせるものの、

【アイデンティティの不一致】で生涯を悶々と過ごすことになりかねません。

 

ともすれば、【アイデンティティの不一致】は、人生にやり残しを生み出し、

次の人生にまで悔恨を持ち越すことがあります。

生きる意味を大事にする人には、重要な課題です。

 

若い世代にありがちな【アイデンティティの不一致】は、

養育者の価値観を背負って、本来の自分を見失っている場合です。

素直で真面目な性格の子ほど、そうなる可能性があります。

自分を見失っていることに気づくことが再構築の一歩です。

 

親に反抗したり、親を批判したりして、

「親の影響を受けない」と決めて自分から親と距離を置ければ

早いうちに【アイデンティティの再構築】に踏み出せるでしょうけれど、

知らず知らずに 他者の荷物を自分のものと錯覚して背負ってしまいます。

 

 

【アイデンティティの不一致】に気づいたのが60歳代だった・・・

という方もいらっしゃいます。不思議ではありません。

それを考えれば、

【アイデンティティの再構築】に年数がかかるのは当然です。

 

年数をかける価値があります。本当の自分を生きるために。

人生に悔恨を残さないように。