催眠状態は、実はすごいところ(ワンネスの境地)に繋がっているのですが、

自分ではそうと意識できません。

 

ですから、

正直自分が催眠状態に入れていたのかどうか、半信半疑です。

適当に調子を合わせて言ってしまっていたのではないかと不安です。

自分が言った前世のことなどが、

自分の作り話の様に思えてしまい、罪悪感さえ感じてしまいます。

 

このようにおっしゃる方が何人もいらっしゃいます。

私が前世療法を受けても、「ホント? 自分で作った気がする。」と思います。

私の先生もそうおっしゃいました。

誰でもそう思います。そんなものです。

 

しかし本当は 自分が作った作り話ではありません。

百歩譲って自分が作ったとしか思えないとしても、

催眠療法の効果は同じです。

 

ただ一度 前世療法を受けて、

実際にその国へ行って来た方の体験談をお読みいただけましたでしょうか?

http://www.therapy-yume.jp/report/repo05.html

 

催眠状態で初めて見た景色が、実際にかの地にあったそうです。

「私は550年前、間違いなくここに立っていたんだ!」と感涙されたと…。

 

その方だって、催眠状態では、

「催眠に入っていないんじゃないの? さっきと同じだよ。」

と思ったそうです。

 

さっきと同じ…そう、

「目を閉じて 私と話しているだけ」としか感じられません。

 

そういうものです。

 

しかし、その状態で出まかせのように言う言葉の中には、

深い叡智からくみ出されたメッセージが潜んでおります

 

自分では気づけない「真の自己」を言い表す言葉であったり…。

 

こんなことがありました。

「商売していて、クレームばかり言われます。

前世でどんな悪いことをしたからでしょうか?」とおいでになった方は、

直近の前世で東京大学の教授でした。

しかし、前世が何だったかがポイントではありません。

その方は、前世で死んで還った 魂の故郷(中間世)の、

『赤ちゃんの魂が、地上に降りる順番を待っている場面』で、

「うわー! この子たち、みんな知ってる! みんな仲良し!」

と言いました。

 

この子たち…、

半透明の卵型のふわふわした魂…性格も思っていることもみんな透けて感じるって。

 

私が「どのお母さんから生まれたいの?探してごらん。」と言ったら、

「この子たち、みんな知ってる! みんな仲良し!」の魂が

ポロリ またポロリ…と 降るように地上に降りていく のが見えたそうです。 

生まれるって、こういうことなんだ!」と知りました。

 

その方は次の日から、出会うお客様ごとに

昨日まで仲良しだったかのように接することができるようになったそうです。

そうしたら、クレームを言われなくなったそうです。

 

セッションの「どのシーン」が 強く自分に響くか

やってみなければわかりません。

 

それが、ほんの一場面であっても、

人によっては「体に感じた感覚」であったりしますが、

それが 生きている自分に影響します

 

それが本当に前世だったのか、が問題なのではなく、

何のために今、自分にそのイメージ(感覚)が与えられたのか、が重要なのです。

 

催眠療法は、いくらでも疑いも否定もできます。

しかし、疑いと否定からは何も得ることができません

 

せっかく与えられたエッセンスを、大事にしていただきたいと願います。

 

『催眠状態に入れていたのかどうか、半信半疑で、

適当に調子を合わせて言ってしまっていたのではないか、

自分が言った前世のことなどが、自分の作り話の様に思えて』 

それで催眠療法を信じられなくて離れてしまうのは、もったいない。

 

催眠状態で感じ取るのが苦手な方でも、

セラピー夢には秘密の「奥の手」があります。

心配しないで、ご相談ください。