酒乱の夫の暴力から、やっとの思いで逃れたはずなのに、

再婚した相手がまた酒乱だった……ということがあります。

これは、どういうわけでしょうか。

催眠療法を受けて、これまで自分を苦しめていた「副人格」と対話し、

やがて人格統合されて、

「嘘のように軽くなった!

と言った すぐ後に

「こんなに軽くなっていいのかなぁ…。

などと言う方がおります。

幸せに耐える力」が弱いのですね。

私たちは、「幸せになりたい」と願いながら、

知らないうちに「幸せを退ける」思考パターンを繰り返してしまいます。

その証拠に、良いことが続いて起きたら何と言いますか?

「こんなに良いことが続いて良いのかしら?

後で、ドカン!と悪い事が起こるのではないかしら?」

と言いませんか?

順境には「こんなに幸せでいいのかしら?」…と言うかと思えば、

逆境には、「なぜ私だけ、こんなめに遭うの?」と身の不幸を嘆きます。

心は コロコロ 転がります。

幸せになるには、

幸せになる決意 が要ります。

幸せに耐える力 が要ります。

幸せで居続ける覚悟 が要ります。

あなたが幸せであって、なぜ いけないの?

幸せが続いたら、なぜ いけないの?

自分が幸せで居続けることを 自分に許可して下さい。

そして、幸せになると固く決意して下さい。


どうしても自分が幸せになることを許せないと感じる方は
セラピーを受けに来て下さい。
前世か 過去の記憶の中に 課題を残しているはずです。

~なるんじゃないかしら。」と未来を不安で先取りしないことです

あなたの未来に不安を招き入れたいのですか?

「不安」は「愛」と対極にあります。

「不安」は、大嘘つきのキツネです。

キツネが囁きに来たら、いつまでもその声に応じないこと。

すぐに巣穴に追い返しましょう。

真実は、常にパワーをもたらすものです

逆に、自分からパワーを奪うもの……

不安に基づいた未来予測、
過去の出来事への執着、

人の悪口、
確固たる
(?)
思い込み、
怖れ、

それらには、嘘がひそんでいます

毎日のお天気のように思い浮かぶ想念が、
真実か嘘か、

パワーを感じて 自分で識別できるようになりましょう

必要なら 取り込めばいい……

要らないなら 流せばいい……

決めるのはあなたです。あなたには、選択する自由があります。

その選択の先に、未来があります。

数え切れないほどの選択の先に、あなたが選んだ未来があります。

不安で色付けした未来がほしいですか?

愛で選択した未来がほしいですか?

あなたの未来は、あなたしか選ぶことができません。

あなたは、主人公です。

あなたと同じように感じ、あなたと同じ選択をして、

あたなと同じ体験をする人は、他に誰もおりません。

あなたは、ただ一人のあなたとして生命を与えられた

特別な人なのです。

生命」とは…
天が生きよ!と命じた」のです。

欠点も弱点もあっていい、育ちゆくそのままのあなたを愛し、
生きよ!と命じ」て命を預けられているのです。

今 生きていること、それ自体が愛されている証です。

「今日も一日、生きてごらん。」と命を与えられ、
この一日をどう生きるか選択する自由を与えられ、

天が「あなたは それでいい。」と愛し、生かしてくれているのに、
「自分なんて幸せに値しない…」と退くのはかえって不遜かも…。


堂々と、幸せになると決意して下さい。

大宇宙はあなたの味方です。