潜在意識を活用した心理療法
ブログ

未分類

「傲慢」と「謙虚」

「傲慢」には二通りあります。「他者を見下したい驕り(おごり)」と「有難味を知らない心の貧困」 他者だけでなく、自分を粗末にすることも驕りです。「自分」を貶(おとし)めるのは、大事なものを見落として 有難味を知ら …

過去はすでに許されている

「ブログ、いつもとても楽しみです。過去のものも読み返したり…ブログを読むと、 高橋さんの声で自分の中に入ってきます。それがとても心地よいのです」メールでのコメントありがとうございます。 「2018年5月のブログ …

「周囲の変容」をひそかに観察 面白がって

硬直化して機能しない組織に絶望しながら、疲弊して モチベーションは下がり、好きだったはずの仕事に「やり甲斐」を感じない、さりとて 収入のためには辞めるわけにいかず、「徒労」を感じるばかり・・・そのような悩みを持つ方は多い …

その試験結果、人生を貫く一大事だったのでしょうか?

60歳をとうに過ぎて尚 「学歴自慢」をする人がいるかと思えば、老齢を重ねてもまだ「学歴が低い」と劣等感を抱いている人がおります。本当に学歴が必要であったなら、人生のどこかで獲得することができたのでは…?学歴を本気で獲得し …

どうしてセラピストになったのですか?

「どうしてセラピストになったのですか?」とよく訊かれます。何かの理由と言うより生まれた時から、このように生きるよう「流れの中」に置かれたのだと思います。その「流れ」の一部をお分けします。 1歳10か月で生母と死別し、子の …

平凡でいいから、ただ生きたい・・・【トンネル】から抜けて

クライアントさんから、嬉しいメールを頂戴しました。ブログ等への引用を打診したところ、「私も、苦しかったときに他の方々の体験を読ませていただき、  希望がわき、高橋先生にお会いすることができました。」と、快くご了解いただき …

「この子は私の癒しの存在・・・」 見落とされがちな子どもの心

可愛くて、見ているだけで癒される・・・親を困らせるわけでもなく、とにかく可愛い・・・そうおっしゃるお母さん、多いですね。私もそう思っておりました。そして、<こんなに可愛がっている>気になっておりました。でも、ちょっと気を …

きみは 愛されるため生まれた いのち

 幼児を観て、「この子、すごい!」と感じたことはありませんか?頭脳が・・・とか、能力が・・・とか、数値で証明できるようなことではなく、わずか4歳の子に宿る「気高さ」「徳」「底力」のような、言葉に表せないパワーを …

この穏やかな 何気ない日々を守っていくこと

クライアントさんから 嬉しいお手紙を頂戴しました。必要なセラピーを終結した方に、鈴木秀子著『幸福力のある女の子を育てる本』(新紀元社) をお貸ししていたのです。本の帯には下記のような言葉が添えられています。「自分も、まわ …

そっとしておいてほしいこと 知らなくていいこと

質問にお答えします。Q.葬儀は誰のためのものですか? この質問の意図は、お世話になった身内の葬儀が家族だけで執り行われると聞き、参列できない立場の自分は「最後のお別れ」さえできない不満を抱えてのことです。A.喪主や葬儀委 …

1 2 3 15 »

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © セラピー夢 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.