いじめが原因で登校できなくなったその子は、

忙し過ぎる親に、思いを聴いてもらうことは望めませんでした。

毎日家にいて、好きな「ホラー映画」を見続けました。

そうしながら、どんどん波動が下がり、危険な状態になりました。

そうなっては、催眠療法を依頼されても危険で できません。

 

忙し過ぎる親は、わが子に危険が迫っていることに気づきません。

毎日一緒に暮らしていると子どもを見慣れて、「普通」に見えてしまいます。

 

この場合、催眠療法は本人にとって『小手先のこと』

本当のニーズでなく、親の安心のためかもしれません。

親が元気でそばにいるのですから、もっとできることがあります。

*精神科医を受診して、状況を医学的に明らかにすること。

*医療以外にも手立てはあります。

  例えば、忙し過ぎる母親の環境を変えること。

(あくまでも個別の状況による)

 

親「受診して、とんでもない診断が出たら、どうしたらいいでしょう?」

私「引き受けるしかありません。

 それが生きていくということです。

 『引き受け難いもの』を引き受けて生きていくあなたを、私が支えます。

 あとは、忙しいお母さんの環境を、忙しくないお母さんに変える必要があります。

 ただ一緒にいて、話したい時に話したいことを話せる「環境」と「時間」が、

 回復を助けると思います。」

 

親「それはできません!

 私は忙しいんです!

   期日までに研究論文を書き上げないと・・・。」

 

私「できないでは済まされません。

 忙しいなんて言っている場合じゃないんです。

 論文と子どもさんとどちらが大事ですか?

 子どもさんが大事に決まっているじゃありませんか。

 

 子どもさんは素直で優しくて、お母さんが忙しいことをわかり過ぎて、

  黙って一人で我慢した結果 ここまで悪化したのです。

 子どもさんの人生がかかっている大事な局面です。

 この子を助けるのは、親です。覚悟が要ります!

 ご両親でよく話し合ってください。」

 

親に迷惑をかけまいと、家でひとり泣きながら、

「私なんか・・・大事じゃないんだな。

 お母さんは仕事の方が大事なんだ。

 私が辛いことは、お母さんには面倒なこと、迷惑なこと。

 でも、どうすることもできない。

 いなくなりたい・・・。死のうかな。」

 

現代は自殺を手伝う危険サイトへ簡単につながれます。

親には「普通の子」に見えるわが子の 孤独と闇を、

理解しようと心を向けていなければ、

言葉巧みに闇の向こうへ呼び寄せられてしまうことがありますよ。

・・・とは なかなか言えない・・・

孤独と無理解は、状態を悪化させるという、たとえ話でした。

診断名がつくことを親が恐れて、子どもを孤立させてはいけません。

 

 

状況は個別に異なり、

催眠療法が合わない方、できない方もいらっしゃいます。

その場合は、他の手立てを一緒に探しましょう。

 

「自分、重いんですけど、(セラピー夢では) 大丈夫ですか?」

よく訊かれますが、大丈夫、重い方たちばかりです。