十年以上も前のこと、

席に着くなりその方はおっしゃいました。

「僕は世界中で一番弱い男です。」

本人の了解を得てお分けしております。

 

父親のスパルタ教育で、殴られて育った彼は、父親が怖くて怖くて・・・。

職場で上司に注意されると、父親に叱られたことがフラッシュバックし、

上司が怖くて怖くて…、

ひと月も前に上司から渡された「個人評価票」をいまだ開封する勇気がないと言います。

そこには、怖い怖い上司が自分をどう評価しているかが書かれているのです。

場合によっては、心が折れて会社へ行けなくなると思ったのかもしれません。

 

催眠療法の終盤、マスターが彼に言ったそうです。

お前がリーダーになれ!

(何を言っているんだろう。こんな自分がリーダーになんか、なれるはずがない。)

 

セラピーで不思議な体験をして勇気を得たのか、

帰宅してから思い切って彼は「個人評価票」を開封してみました。

そこには、なんと

将来チームリーダーとして有望。高い資質がある。】と書かれていたそうです。

 

2度目に訪れた彼は、席に座るなりニコニコして私に言いました。

「この建物が見えただけで、

 むしょうに嬉しくて、嬉しくて、ひとりでに笑ってしまうんです。」

 

その方はその後、年1回ほどのペースで、自分を見つめ直すため、

時には涸れそうなエネルギーをチャージするため、

毎年通ってくださいました。

 

彼には夢がありました。

「やりたいこと」がある・・・それだけでも尊いことなのに、

奇跡的にもその意志を維持し、

毎日 早朝に英会話を身につけ、ひたむきに努め、

いよいよ世界へと羽ばたきました。

 

「僕は世界中で一番弱い男です。」と言った彼が、

夢を一途に求め続け、未来への階段を登って行く背中を、

私は掌を合わせて見守らせて頂いております。

尊い出会いを賜って。

出会いはいつも、祈りの中で授かった奇跡です。

 

『あの頃は大変だったけれど、人生が変わりました!』と、(お金を支払って)

報告においでくださる方がいる・・・身に余る果報です。

おもてなしは、感謝です。