「こんなにも多難な人生があるものか!」と唖然とせざるを得ない・・・、

次々に重なる理不尽に耐え、身を小さくして揺らぎながら、

自分軸を保とうと真摯に生きておられる方に、しばしば貴重なご縁を頂いております。

昨日お目にかかったその方は、

どうやって「セラピー夢」を見つけたか思い出せないそうで、

気がついたら「セラピー夢のブログ」を読んでいて、「ここだ!」直感したそうです。

同じことをよく言われます。

「たまたま見つけた」とか、「仕事中、間違って『セラピー夢』のホームページが開いた

・・・その時、自分にセラピーが必要だと気づいて、ハッ!とした」とか。

皆様、天の計らいに与って、ここへ連れて来られるのですね。有難いことです。

 

昨日の方は、「セッションの全てをブログに使ってよい」と自らおっしゃいました。

感謝して一部をお分けします。

 

保育園の園庭で、突然「死にたくない!」と叫んで大泣きした記憶を手掛かりに退行したところ、

戦いで若くして命を落としたその時の、「魂の叫び」だったと気づきました。

(「保育園であの時、私は前世を思い出していたのでしょうか?」

 そうだったかもしれませんね。幼い子は、意識の膜で遮られていないのですから)

 

前世療法は、前世がどうだったかを知るだけでは勿論なく、

そこから「今の自分」に必要な癒しが行われます。

 

その方は、明るい光を感じながらヒーリングが始まったようでした。

催眠運動が始まり、細胞レベルでの微細な全身の動きが、【人知を超えた働き】をします。

クライアントさんと私の間で、言葉で交わされることの【裏側で】、

言葉にならない、説明のつかない【人知を超えた作用】が行われる、

これこそが催眠療法の醍醐味だと私は思っています。

 

左手がピクピクと震えるように動いているのを見て、

「左手が動いているの、わかる?」と私は声をかけました。(お邪魔しました・・・)

「わかりません」と口で答えながら、<「手」って何?>と思ったそうです。

体がない・・・感じ・・・」と言いました。

そのまま感じ続けてもらいました。やがて、

「頭が重い。・・・頭の中を、青いイクラのような粒々が流れている・・・」と言います。(浄化作用)

それを感じているうちに、頭が重かったのが楽になったそうです。

 

【マスター(愛そのもののエネルギー)】を感じ、

無口なマスターでもの足りなさを感じたようでしたが、交信が行われ、

振り返らず、まっすぐに』というシンプルな、しかし確かなメッセージを受け取りました。

 

それから、早くに死別した大切な人たちにも会えました。

 

催眠から覚めた後、

「(身体がなくなったような感覚は) ワンネス(Oneness)に繋がったのですね。」

とお伝えしました。

それは、誰もが望んでできることではありません。

初めての催眠療法で、それを体験できるとは、最初から私が察した通り、

魂の年輪を重ね、成熟した魂を生きておられる方だからとお伝えしました。

その方は、「マスターは無口だったけれど、相当な仕事をしてくださったのだと、

催眠から覚めて、わかります。」とおっしゃいました。

重ねて申しますが、人知を超えた働きで「何が行われたのか」は、

説明できるものではありません。ご本人が追々感じとってくだされば幸いです。

 

数ある過去世の中で、今の自分にこの短命な人生を思い出させられたのは、

「生きているだけで恵みだ。自分はそれさえできなかったから。

生きて、やりたいことをすればいい。生きたいように生きればいい。」という

潜在意識からの促しがあったのではないかと思いました。

折しも母子家庭になった、それはある意味「解放された」ことでもあります。

今までできなかった「新しい道を拓け」・・・というエールのように、私には感じられます。

振り返らず、まっすぐに』と。

保育園で「あの時の叫び」が意味するものを「今この時」に掴めるようにと、

無意識がタイマーアラームを設定していたのかもしれません。

 

その方はおっしゃいました。

今まで体験したこと全てに意味があった。何一つ無駄ではなかった。

学んできたことも全て、ひとつに繋がりました。

中途半端な人生だと思っていたけれど、今、全て繋がりました

生きてきたことの全てが、ここに来て肯定された気がします。

生かされていた・・・。」

 

初めて出会った方が、6時間で、それを掴んで帰られたとは、有難いことです。

貴重な出逢いを賜り、天の祝福に護られて、今日もセッションをさせて頂きました。

遣って頂きました。感謝いたします。

 

あなたは、粗末に扱われてはいけない人です。

転々としなければならなかったことに、深遠な意味があって、

あなたは「尊い特別に大切な人」だから、

特別な体験によって生かされ、そして活かされていたのですね。

天が観ている! 

巷の声に汚れないで、堂々と【大切な自分】であってください。

***************(翌日頂いたメールより)**************

催眠中の 左手のビクビクに意味があったのです。
昨日話しませんでしたが、四十肩で左腕が痛くて上がりませんでしたが、
今日は上がったのでびっくりしました!
 
(高橋註:狙った効果ではありませんが、有難い副産物ですね)