ガンガン頑張って推し進めても、苦しみの渦に呑み込まれて行くばかり・・・

そのような方に、委ねて、祈って、見守って』とブログに書きました。

 

すると、「委ねるって、どうすることですか?」と訊かれます。

これには答えようがなくて困りましたが、最近、言葉を見つけました。

 

【「作戦を手放す」ことが最善の作戦です】

 

考えて「ああすれば良い、こうした方が良いか」と作戦を練るより、

作戦(自分の考え)を手放して、作戦を離れ、作戦から自由になることです。

考えてもうまくいかないことは、大いなるはたらき(秩序 なりゆき)に委ねます

 

それは、「委ねる先」を「信じる」からこそ可能です。

自分の考えが正しいと執着しているうちは、作戦を手放せません。

視野が狭くなって、「自分の考え」を超えたものを想定できません。

 

【考えてもわからない世界】=潜在意識(身体と一体) は、全て知っていて、

潜在意識にアクセスすることで、人知を超えた叡智を汲み取ることができます。

(催眠療法や瞑想)「(考えて)わからなくてもいい」のです。

普段は気づかない深いところにある「叡智」に繋がって、

深いところで感じ取り、(考えるのではなく 感じるの)

イメージしながら 対話したり・・・そこで何かが動きながら、

思い込みを支える思考がほどけたり、方向が変わったり、黒が白に変わったり、

 

そのうち、考えてもわからなかったところ(予期せぬゴール)へ行くでしょう。

人知を超えた世界を信じて、委ねて、祈って、見守れば・・・。

 

「そんなものを信じられるか!」って・・・

私たち自身こそ、既に人知を超えた存在で、人知を超えた世界で生かされているのです。

この身体ひとつ、この息の一つさえ自分で創ったものではない、頂き物なのです。

 

「信じるって、どうすればできるのですか?」

これは、教えようがないな・・・自分で体験して、掴み取るしかないと思います。

 

大いなるはたらき(秩序の善)を信じるには、

私の場合、並大抵ではない理不尽に耐えてこそ「獲得できた」と振り返ります。

(記憶以前の積み重ねがあったことは前提)

 

苦しい時に、そこから掴み取ったものの積み重ねが力になったと言えます。

 

また、「与えられ、与えられ、どこまでも与えられている」ことが

腹の底からわかって、深いところから感謝が湧き出る境地・・・これも力になります。

 

漫然とぬるま湯につかって生きながら、「幸せ」に気づかないうちは無理・・・

 

掴み取って 掴み取って、相当に魂を洗練したと覗える方がおっしゃいました。

「苦労を遊んでいるんです」と。この境地・・・すごいですね!

 

「催眠に入れてくれさえすれば、あとは自分で(進行できる)」という方が稀におります。

自己催眠では眠ってしまって、時間ばかりかかるからと。(そうそう・・・)

セラピストに脇にいてもらうだけでいい・・・このような御依頼には、

時間を限って、超格安でお受け致しますので、メールでご相談ください。

 

さきほど届いた昨年のクライアントさんからのメールをご紹介します。

やりたいことが見つかった娘が本当にキラキラして、表情も生き生きして、

 本来の自分が目覚めたのだなと思いました。

 「2019年は、今こそこんなにも苦しくても、これがあってこそ
 
 近い将来ダイヤモンドのように輝く素晴らしい時間になるでしょう」と、
 
 高橋さんが仰ったとおりでした。今、喜びをかみしめております。
 
 
状況は変化し続けます。
苦しみは、いつまでも苦しみのままではありません。
 
「福は内 鬼は外」  
 福が来る 来る 福が来る♬ あなたの心に福よ来い!