ブログ、いつもとても楽しみです。過去のものも読み返したり…ブログを読むと、

 高橋さんの声で自分の中に入ってきます。それがとても心地よいのです

メールでのコメントありがとうございます。

 

「2018年5月のブログが良かった」というコメントも頂きました。

ぜひ過去のブログも読んで頂けるように、取り上げました。

 

私にも数えきれない後悔があり、セラピーに関しても心残りがあります。

例えば、「この方には、他にコレとコレのセラピーが必要だな」と感じてお伝えすると、

「営業は不快です」と言われ、

【やはり営業と受け取られてしまうのだから、もう言うまい】と、長い間 遠慮してまいりました。

しかしその間、何年も前に出逢いを頂いた方が再度おいでくださって、

「あの時、継続していればよかった! こんなに長引かせなくて済んだかもしれない」と言われ、

正直なところ私もそう思い、後悔しました。

【営業と受け取られてはいけないから】と、私が遠慮したばかりに・・・!

 

クライアントさんは「今が『時』だったのでしょう」と言ってくださいましたが、

それはお優しいその方の、ご自分を納得させようとした言葉かもしれません。

(以上、ご本人の了解を得て書かせていただきました)

「営業」と受け取られるリスクを覚悟で、必要と思ったらお伝えしております。

 

他にも、【お客様を大事にしなければ】という思いが先に立って、

ラピーの場で揉めたくなくて 不当要求に屈した弱さを悔いることがあります。

併せて【依存を受け入れてしまった】苦い思いも重なり、

今では、お客様も私も大事にされるよう、きっちり線引きさせて頂いております。

 

 ※ 度重なる直前キャンセルをされる方、

  一回で数回分を完了するよう強引に求める方(無茶ぶり)、

  ご自分を見つめ直す気はなく 他力本願だけに頼る方には、

  誠に申し訳ありませんが、私はお役に立てないと思います。

   どうぞご了承くださいませ。 

自己嫌悪しないで・・・過去はすでに許されている